データ利用期間を指定し買取するプリペイドWIFI!



どこよりもプリペイドとは

どこよりもプリペイドとは、買い切りのプリペイドデータSIMです。

買い切りなので期間限定でWiFiなどを利用したい方におすすめです。またマルチSIMですので

幅広いSIMタイプの端末での利用が可能です。

さらに、長期利用希望の場合、自動更新での長期利用も可能です。

※直近3日間の高速通信データ量が4.5GBを超えた場合、当日24:00まで通信速度を256Kbpsに制限させていただきます。

 







 



基本料金0円のお手軽ポケットWi-Fi



世界中どこでも使える、基本料金のかからないポケットWi-Fi

WiFiは基本料金無料で世界中で利用可能。「どこでも」「使いたい時に」「使いたい分だけ」最適な電波が無駄なく使えるWiFiサービスです。


突如通信環境が必要になった時、契約するべき通信手段に困ったことはありませんか?

緊急事態時や、汎用的に数日間だけ使いたいなど、そのためだけにWi-Fi契約、レンタルをするのはもったいない…。

このようなご要望にお応えして、Trip WiFiは『基本料金無料』使わない時に料金は発生致しません。

海外旅行向けに用意されたものかというとそうでもなく、国内でも利用が可能だ。

基本料金無料』だから、海外旅行へ行かれる出張で飛び回る彼へのプレゼントとしても喜ばれること間違いなし!



これからホームページを制作



ホームページ作成方法の4パターン!また、そのメリット・デメリットについて

ホームページが必要になった際に、多くの方が作成する上での価格観や作成する上での手間がわからず、どのように制作していくべきかを迷われているようです。

これからホームページを作成したいという方であれば、なおさらどのような選択肢があるのか知っておきたいところでしょう。

そこで今回は、ホームページ作成の定番パターンを4つご紹介し、それぞれのメリット・デメリットについて解説していきます。

ぜひ本記事を参考に、自分にとって最適な作成方法を選んでみてください。

ホームページ作成パターンとして4つ紹介します。

「ホームページを作る」と言われると制作会社に依頼したり、何やら難しいソースコードを打ち込んで自作したりするイメージを持たれる方、またはその知識すらない方も多いことではないかと思います。

近年では簡単に使えるホームページ作成ツール(CMS)や、制作スキルを持った個人の方に仕事を依頼できるクラウドソーシングによって、ご自身でホームページを持つことは非常に身近になってきました。

大きく分けると外注するか自作かの2通りです。

更に「どこへ依頼するか」「どうやって作るか」によって次の4パターンに分類されます。

・制作会社へ依頼する
クラウドソーシングへ依頼する
HTMLCSSで作成する
CMSで作成する

それぞれにメリット・デメリットがありますので、1つずつ解説していきましょう。

お金があるなら制作会社に依頼しよう

制作会社に依頼するメリットは、プロが作ったデザインページを作成することができるので、これまでデザインや自作のプロモーションなどの生業を経験されていない方でもストレスなく制作を任せられる。

しかし、制作費に数十万、規模によっては数百万の費用のほか、月額の管理費用(ランニングコスト)や修正依頼をするために時間や費用が追加でかかってしまうことがデメリットとして挙げられます。

また、制作会社によって制作費用や得意とするデザインが異なりますので、自分にあった制作会社を選ぶようにしたほうがいいでしょう。

メリット デメリット
1.凝ったデザインやシステムを取り入れることができる

2.自社で時間や手間をかける必要がない

1.制作費が高くなる可能性がある

2.ページの修正にあたって時間や追加費用がかかる


低予算で制作を依頼したいならクラウドソーシング

外注で制作会社に依頼するという点では同じですが、クラウドソーシングでホームページ制作を安価で依頼するという方法もあります。

クラウドソーシングとは、インターネット上で不特定の人に業務を委託することです。

個人で仕事を請け負いたい人と、業務を委託したい人とをマッチングするクラウドソーシングのサイトも多数存在します。

有名なところでは「クラウドワークス」「ランサーズ」が挙げられますが、Webサイトごとにそれぞれ特色があるので、気になる方は調べてみると良いでしょう。

メリット デメリット
1.低予算でホームページを作成してもらえる

2.個人のため融通が効く場合が多い

1.依頼先の相手によりスキルや対応に個人差がある

2.エンジニア・クリエイターのディレクションスキルが必要

仕事の依頼も、受注も クラウディア



これからWEB制作を覚えたいならタグ打ち(HTML/CSS)

HTMLとは、Hyper Text Markup Language(ハイパーテキスト・マークアップ・ランゲージ)の略で、Webページを作るための最も基本的なマークアップ言語のひとつです。

普段、私たちがブラウザで観ているWebページのほとんどが、HTMLで作られています。

一方、CSSはHTMLで構造化したページレイアウト等を指定するために使われます。

ホームページを自作する場合、ひと昔前であれば「テキストエディタ」(「メモ帳」のようなテキストを編集できるツール)にHTMLCSSを記述して作成する方法が一般的でした。

現在は簡単にホームページを作成できるソフトやWebサービス(CMS)があるため、制作会社や「Webの技術について理解を深めたい」という学習目的の人を除けば、この方法でホームページを作る人は少なくなっています。

しかし、HTMLCSSの知識を身につけることができれば独自デザインのページを作成できることや、Webサイトで何ができて、何ができないのかという根本的な部分を理解することができる点が、他の方法にはない魅力です。

メリット デメリット
1.独自デザインのページを作成できる

2.Webの仕組みを理解した上でページが作成できる

1.技術の習得や理解に時間がかかる

2.知識がないと対応できない場合がある

なるべく費用をかけずに簡単に作りたいならCMS

「CMS」とは、「Contents Management System:コンテンツ・マネジメント・システム」の略で、簡単にいうとWebサイトのコンテンツを構成するテキストや画像、デザイン・レイアウト情報(テンプレート)などを一元的に保存・管理するシステムのことです。といっても、Webサイトの制作・構築に携わったことのない方には理解しづらいかもしれません。

近年、ホームページ作成にあたって利用する人が増えているのがこのCMSです。

CMSはホームページを簡単に作成・管理することができるソフトウェアで、HTMLCSSといったWebの知識がなくてもページが作成できる点が魅力です。代表的なものに、Wordpress、Movable Type 、WIXなどがあります。

サーバーにインストールするタイプ、インストールせずクラウド上で利用するタイプがあり、インターネットに接続できる環境さえあれば、いつでも・どこでもホームページを更新できます。

CMSの機能でできることに限界があったり、凝ったデザインやレイアウトを作ろうとすると、カスタマイズのための知識が必要になったりという問題があります。

メリット デメリット
1.HTMLCSSの知識がいらない

2.いつでも・どこでもホームページを更新することができる

1.CMSの機能によってできることに限界がある

2.凝ったデザインのページを作るのが難しい

無制限クラウドWi-Fiのレンタル




解約・違約金なしの海外利用可能なレンタルWi-Fiルーター

クラウドWi-Fi6つの特徴

1.通信容量制限無しで使える!

これまで使用量を気にして使用していたストレスがフリーに!ネットも動画もゲームも快適!

2.5台同時接続可能!

PCやスマホ、ゲーム機など最大5台まで同時接続できる!自宅のネット環境が快適に!

3.シンプルな料金設定

料金プランがシンプル!
月額料金3,380円(税抜)のみ

4.解約違約金ナシ!

解約手数料ゼロ!契約期間の縛りナシ!
解約違約金もいりません!

5.海外利用「世界135カ国に対応」

世界135カ国に対応!
出張・旅行で海外利用時もこれ1台でOK

6.最短即日発送!

すぐに使える!
申し込み後は最短即日発送!

世界135ヵ国で利用可能ではあるが、もちろん国内でも利用は可能だ。
国内の主回線はSoftbankで副回線はdocomo・auとなる。






クラウドWi-Fiの特徴

WiFiルーターの利用場所に応じてクラウドサーバー上に存在する最適なSIMカード情報を自動適用させ、インターネット通信ができる「クラウドSIM」という新しい通信技術を利用しているのがクラウドWiFiです。

この新技術を利用することにより、WiFiルーターにSIMカードを差し込まなくてもインターネットを利用できるのが特徴です。

複数のキャリアの中から最適な回線の電波を掴んで通信できるため、エリア圏外になりにくいという特徴があります。

契約期間の縛りがないから違約金0円

多くのWiFiルーターは事前に契約期間が決まっていて、契約更新月以外に解約した場合には解約違約金が必要となります。

その点クラウドWiFiは、いつ解約しても解約違約金はゼロ円です。

とりあえず契約してみて、自宅や通勤・通学などで利用し通信速度に満足がいかなかったら解約する、といった利用方法も可能です。

有線通信・光ファイバーの今後の動向は…。

光ファイバー網の整備2年前倒し

以下、共同通信引用

総務省はオンライン授業など新型コロナウイルス感染症への対応を進めるため、全国への光ファイバー回線の整備計画を2年前倒しし、2021年度末までにほぼ全世帯で利用できるようにする。20年度第1次、第2次補正予算で計530億円を計上しており、自治体や事業者による整備を支援。未整備地域を早期に解消することで必要な通信基盤を提供する。

新型コロナに伴い全国で長期にわたり休校措置が実施され、今後も感染の再拡大が懸念されることからオンライン授業に対する需要が高まっている。しかし、過疎地や離島など通信環境が未整備で遠隔授業が受けられない地域があり、課題となっている。

次世代通信(5G)の普及に伴って、優先設備によるインフラは衰退しないのか?

もはや1G光回線では高速とは言えない時代に突入している。

しかし現段階において5Gの整備はまだ始まったばかりで、開発事業者においてもこれからの運用手段・活用方法なども模索段階である事が感じられる。

結論から言うと、まだまだ光ファイバーによる優先環境はまだまだなくならない、若しくは今後も進化を続けていく可能性はあると考えます。

各通信事業者は現在、1Gの光ファイバーのみならず地域は限定されるが5Gbps・10Gbpsが「auひかり」などで提供を開始している。


NTTも10Gbpsの提供は既に開始しており、自然に10Gbpsが同時進行で世間に定着していくと考えられる。

そして5Gの技術はIoT本格化を見据えた正常進化

より高速になるのは当然で、今よりもっと動画や大量のデータをスムーズにやり取りできればより快適なネット生活が送れます。

しかし5Gの本質は、高速化より超低遅延多数同時接続だと言われています。

「超低遅延」とは、タイムラグをなくす技術のことです。

自動運転しかり、遠隔操縦によるロボットの操作など、反応が遅延しては致命的な操作を行う際にかかせないです。
そのため医療現場に使うとなると、遠隔操作で医師が手術を行う場合に操作がちょっとでも遅れたら使いものにならないという事になります。

「多数同時接続」は言葉の通り、同時にデバイスがつながって正常に機能することです。
競技場でスポーツを観戦中に全員がファインプレーを撮影してツイッターにアップしても混雑しない。花火大会の会場できれいな夜空を動画で撮って家族や友人に送っても全然問題なし。
大勢が同時に同じ行動をしてもほとんど悪影響がない。

そんな快適なネット環境を、機能的に実現する技術です。

格安タブレット

取り急ぎでタブレットやノートPC・スマホなどが必要になった場合、どのような調達方法があるか?

結論から言うと買うしかありません。

タブレット販売における中古市場はかなりピンキリではあるものの、スペックの高いPCを安く手に入れることは可能ではある。

筆者が愛用しているタブレットは以下に表示されているARROWS Tab Q704/PV Xi対応無線WAN搭載モデルでCPUはCorei5(1.9GHz)・RAM4GB・ストレージ128GB(SSD)・Win10Home。

Core i5が20,000円(税別)代を切るタブレットはほかにも多くあり、更にストレージがSSDである事がうれしい。



商品名 ARROWS Tab Q704/PV

Xi対応無線WAN搭載モデル

CPU Core i5 4300U(1.9GHz)
メモリ 4GB
SSD 128GB
ディスプレイ 12.5インチ(1920×1080)
外部メモリ MicroSDXC(最大64GB)
Wi-Fi規格 a/b/g/n
USB 3.0×5(本体x1/クレードルx4)/microUSB(2.0)x1
サイズ 339.5(幅)x199.3(高さ)x12.0(厚み)mm
OS Windows10 Home(64bit)

このタブレットの懸念点はCPUスペックが高い割にWi-Fi規格がa/b/g/nまでしか対応しておらず、新しい企画axの前規格acにも対応していない事。
今後次世代通信網が普及するにつれて、高速通信に対応したデバイスが主流になってくる事が予想される中、更なる値下げも検討される可能性は十分にある。

他にもいろんな端末が中古市場に出回っているので、以下のサイトでおおよその中古市場価格を検討されてみるのもいいだろう。


筆者がよく利用するお店だが、一時的に端末が欲しい時によく利用している日本橋のお店です。

ポケットWi-Fi

テレワークや在宅勤務、緊急事態に伴った遠隔授業など、急遽必要になった場合のとっても役に立つのがWi-Fiルーターです。

利用日数、受け取り方法、レンタル機器等、さまざまな視点で国内用Wi-Fiレンタルを活用してみるのも代案としては非常に有効だろう!

現在コロナウィルスの影響により新しい生活様式が伴う中、緊急事態時には就業の自粛や教育の自粛、その中で必要に迫られるのが在宅での勤務に伴った環境整備になります。

まだ全てのご家庭に環境整備がされていないといった現状から、特に教育機関向けには遠隔授業に伴った早急的な対応が必要であると考えられています。

ではどうすればいいのか?

結論から言うと家庭にネット環境を整備することが必須となります。

文科省のGIGAスクール構想により、生徒1人1台にタブレットを整備される為にこれまで段階的な整備がされていきましたが、コロナショックによる想定外の緊急事態に伴い、本来段階的に整備を進めていくはずのタブレット整備が国費で前倒し整備されることとなった。
結果的に家庭環境の整備がデバイスの整備についていけなくなってしまった。

であれば、より安価で汎用的に利用できるネット環境が必要ではないかといった話になります。
そこで一つの手段として考えられるのが、レンタルWi-Fiの活用です。
使った日の分だけ数百円レベルからご利用いただけ、使い始めから端末の返却に至るまでスピーディーな対応をしてくれるのがうれしい。

参考までに主な料金設定は以下の通り。詳しくは以下のサイトよりご確認。
Wifiルータが格安で1日からレンタル可能【Wifiレンタルどっとこむ】

端末銘柄 最短利用期間/費用 利用可能データ量 特記事項
SoftBank T6 無制限 最短1日450円
※30泊31日6,750円(税抜)
(1日あたり217円(税抜))
無制限 1日5GBまたは月間150GB以上の過度な利用が認められた場合は、混雑回避のため通信が制限される可能性があります。
WiMAX WX06 無制限 最短1日550円
※30泊31日7,700円(税抜)
(1日あたり248円(税抜))
無制限
※3日で10GBの利用制限あり
ハイスピードプラスエリアモードを使用しての通信が月間7GBの利用を超えると通信制限がかかりますので、HS+Aの利用を控えるようお勧めします。
WiMAX W06 無制限 最短1日550円
※30泊31日7,700円(税抜)
(1日あたり248円(税抜))
無制限
※3日で10GBの利用制限あり
ハイスピードプラスエリアモードを使用しての通信が月間7GBの利用を超えると通信制限がかかりますので、HS+Aの利用を控えるようお勧めします。
SoftBank 501HW 30GB 短期1日1,360円
※30泊31日3,920円(税抜)
(1日あたり126円(税抜))
30GB
※3日で10GBの利用制限あり
31日間30GBまで利用可能。
入院や引っ越しの際にご利用ください。
※屋内でテレビチューナーは利用できません




Wifiルータが格安で1日からレンタル可能【Wifiレンタルどっとこむ】

遠隔授業

平成27年4月から,全日制・定時制課程の高等学校における遠隔授業が可能となりました。この制度は,対面により行う授業が原則である全日制・定時制課程の高等学校において,高等学校が,対面により行う授業と同等の教育効果を有すると認めるとき,同時双方向型の遠隔授業を行えることとするものです。
高等学校の全課程の修了要件である74単位のうち36単位までを上限として実施することが可能です。ただし,それぞれの授業に,教科・科目等の特性に応じて相当の時間数の対面により行う授業を実施するものとしています。

無料で利用できるビデオ通話/WEB会議システムの有効活用

Google Meet Skype Zoom Teams
ブラウザ対応
Windowsアプリ ×
MacOSアプリ ×
iOSアプリ
Androidアプリ
最大接続人数 100人 50人 100人 250人
PC画面共有
アカウント無参加 × ×
録音・録画 × ×
その他の機能 グリッド表示等 背景ぼかし バーチャル背景

ホワイトボード機能

共有ストレージ

上記はほんの一例ではあるが、それぞれ無料プランから有料プランまでのプラン設定がされており、各事業者が設定する無料・有料の差別化については導入後のサポートや利用制限によって格付けがされているようだ。

世間一般的にはGoogle Meet・Zoomが大半を占めており、その理由は以下によるものではないかと考えられる。

  • Zoomが多く使われる理由

  • Zoomにはシングルサインオンが備わっており、既にGoogleアカウント・Facebookアカウント・SSOユーザーアカウントをお持ちであれば改めて新規の会員登録をする必要がないため、非常に使ってみるうえでの間口が広いと考えられる。
  • その結果、2020年4月頃には利用者が2億人を突破するなど急激な普及が報じられていました。
  • ひとまず使ってみようといったユーザーニーズに合致している事もあり、コロナによる遠隔授業の必要性に伴った突然の需要にセキュリティ上のリスクがついていけなかった事から一時Zoomのセキュリティ不安はあったようだ。
  • このように大きな注目を浴びたソフトやサービスには、便乗した攻撃を狙うサイバー犯罪者の注目も集まるため、様々な角度からセキュリティリスクが増大する傾向が見られます。


  • Google Meetが多く使われる理由

  • 2020年5月初旬よりGoogle が Google Meet を全てのユーザに解放することにしました。これまで、Google Meet は G Suite ユーザのみが利用できる機能でしたが、今後は Google アカウントを保持しているユーザであれば誰でも利用可能になりました。
  • このサービスはGIGAスクール構想にて、教育機関に導入されるChromeOSが多くの教育委員会に採用されることから、多くの自治体ではS-SuiteのIDを発行していく傾向にみられる。
  • 無料版 Google Meet と比較すると、有料版は会議時間や参加人数の制限値が高くなっています。ただ、小中規模の会議でしか Google Meet を利用しない場合は無料版の制限値でも十分だと言えます。
  • 有料版 G Suite の一番のメリットは、「ビデオ録画」や「ライブストリーミング」が利用できるところです。また、録画したビデオは Google ドライブに出力できるため、 GCP( Google Cloud Platform )の Video / Vision API を活用し自動文字起こしを行う拡張も可能です。

格安SIM比較情報サイト

スマホの月額料金が安くなると話題の格安SIMですが、話を聞いたことはあるものの実際に乗り換えたという人はまだまだ少ない印象です。

周りの大手キャリアを使っている人に話を聞くと「気になってはいるもののどんなものか良く分からない」「種類が多すぎてどのプランを選べばいいのか分からない」という声が挙げられました。

汎用的に利用される事が目的であれば、いつでも解約ができるSIMにフォーカスをして以下の比較表を作ってみましたが、初期費用として3,000円~4,000円は必要になってきます。
その結果、キャンペーン対象を除けばプランにかかる費用を含めて5,000円前後は見ておいたほうがよいだろうと考えます。

通信事業者 最低利用期間 解約金 新規事務手数料 主な料金仕様 追加データ容量


なし なし 3,000円(税別)
+
SIMカード手配料
394円(税別)/枚
データ専用SIM
880円/月~音声通話対応SIM
1,180円~
他プリペイド方式あり
500円(税別)/0.5GB


なし なし 3,000円(税別) データ専用SIM
3G:934円/月~
音声プラン
1,200円/500MB~
500円(税別)/500MB


なし なし 3,000円(税別)

SIMカード準備金
Sプラン
⇒384円(税別)/枚
Dプラン
⇒394円(税別)/枚
1GB500円(税別)~

データ+音声

1GB1,280円(税別)~

1,000円(税別)/1GB


なし なし 3000円(税別) データ専用SIM
Sエリア10G
⇒1,480円(税別)~
D・Aエリア12G
⇒1,780円(税別)~


なし なし 5,100円(税別) 完全無制限SIM
⇒5,100円/月
※100GB以降の速度制限あり


なし なし 3,777円(税別) 大容量SIM
⇒2,980円/月~
(40GBプラン)


なし なし 3,000円(税別) クーポン利用
大容量無制限
⇒3,680円(税別)


1年 9,500円(税別) 3,000円(税別) 音声通話機能付きSIM
3GB:980円(税別)
ペア割30GB:
5,670円(税別)


データSIM ⇒1か月
音声通話
⇒1年
3,000円(税別)
+
SIMカード準備金
394円(税別)/枚
データSIM/3GB
900円(税別)~
音声SIM/3GB
1,600円(税別)~
300円(税別)/100MB


12ヵ月 1,000円(税別) 3,000円(税別) データSIM
3GB/820円(税別)
10GB/2,050円(税別)他



※なし なし 3,666円~ 楽天回線エリア:無制限
パートナー回線エリア:5G
2,980円
 



なし なし 0円 31日プラン
⇒3600円(税別)
61日プラン
⇒6580円(税別)
91日プラン
⇒8920円(税別)
DTI SIM お試しプランLP データプラン:なし
音声プラン:12か月
データプラン
⇒なし
音声プラン
⇒9,800円(税抜)
3,000円(税抜)
SIM 発行手数料
394円(税抜)
データプラン
3G:840円(税抜)
10G:2,200円(税抜)

5Gにおける将来の展望

5Gの将来の展望

第5世代移動通信システム ( 5G ) のサービス開始始まり、それは3Gや4Gのようなモバイル通信の高速化・大容量化にとどまらず、世の中のありとあらゆるモノをネットワークでつないで制御・コントロールする次世代のインフラとして、通信サービスを劇的に進化させる可能性を持っている。5Gによって我々の生活は、今後どのよう発展につながるのだろうか。

あらゆる産業で進展するデジタルトランスフォーメーションにより、従来の産業構造や収益構造が変化しています。そのため、各企業はこの変化に対応するため、新たなビジネスモデルやサービスの創出を通じて、これまでにない顧客体験の提供や競争力の獲得を図り、自らのビジネスの差異化を目指しています。 5G時代のICT技術を活用した情報通信基盤の構築/提供と、通信事業者や多様な産業・企業と共に、ソーシャル、オペレーション、ネットワークの変革を通じて、社会・産業のデジタルトランスフォーメーションを高度化・加速化が期待できます。

高速大容量通信の手段としてローカル5Gが注目されている

ローカル5Gとは

地域・産業のニーズに応じて地域の企業や自治体等が個別に利用できる5Gネットワークのことです。通信事業者が全国で展開する均一な5Gの通信サービスに対して、ローカル5Gは、地域・企業が主体となって、自らの建物内や敷地内といった特定のエリアで自営の5Gネットワークを構築・運用・利用することができます。 ローカル5Gを利用するには国で指定された無線局免許の取得が必要となります。

超高速・大容量の専用ネットワークを持ちたい

ほかの企業、主にリッチコンテンツを扱う企業の利用状況に左右されることなく、ほぼ占有されたネット環境を利用する事で随時安定された高速通信を実現することが可能になります。

特に災害時に安否確認等の電話が集中すると、ふくそう(輻輳)と呼ばれる電話がつながりにくくなる現象が発生する事があったり、ネットにつながりにくくなる症状は各通信事業者の大きな課題として挙げられています。

その結果、各通信事業者では月額の通信制限を行っていたり日毎の利用量を細分化して一定の利用帯域が確保できるようにコントロールしていますが、それでも災害時にはネット環境が繋がりにくくなる事があるようだ。

セキュリティを確保した安心・安全な通信をしたい

通信環境に至っては近年サイバー上の安全保障が帯やされる事態が多く発生しており、それらの問題は国を跨いでアメリカ・中国を中心に多くの問題が挙げられています。

その中でハッカー達の的にならないためには、あくまで閉域の中だけの整備を中心として他の侵入経路を作らない整備をし、入口対策としては非常に限定的な侵入者に限られると考えています。

そういった意味からもはローカル5Gを利用する事でサイバー上の脅威が軽減されるのではないかと筆者は考えています。

必要な場所にネットワークを構築したい

5G整備を病院なら病院だけに、スタジアムならスタジアムだけの整備、学校なら構内だけの整備として、高速通信を必要としている場所だけにピンポイントで整備する事になるため、あくまでその土地の所有者が必要としている高速通信整備を実現する事が可能です。